広島原爆の日

1945年(昭和20年)8月6日広島に原爆が落とされました。

これまでに被爆した人の約31万人が亡くなりました。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

なんて悲しく愚かで残酷な行為でしょう。多くの市井の

人々が犠牲になることはわかっていたにもかかわらず。

戦争とはこんなもの。命を何とも思わない非道の思考。

歴史が物語るように、国のトップが権力に執着したとき、

そこに集まる利益供与を求める者たちとともに、彼らは

多くの人々を犠牲にしてきました。人間の権力に対する

貪欲さが増大した時、果たしてこれまでに一般市民はそ

れに抗うことができたでしょうか。そしてこれからも抗

うことができるのでしょうか?

権力とは怖いもの。常に政治権力には監視する心を持ち

続け、国民に主権があることを忘れないことが大事では

ないかと思います。それが戦争を二度と起こさせないこ

に繋がっていくのだと、原爆の日を迎えるたびに思うこ

とです。

めーめー仔ヤギ

前の記事

夕立のかおり

次の記事

夏ゼミ 前半終了