つばめ

先日、車を運転しているときに見かけた光景があまりにも痛ましかった。

歩道に一羽の燕が倒れて羽をバタつかせている。おそらく車と接触した

のではないだろうか。その燕を心配してか、寄り添っては飛び、飛んで

は寄り添うもう一羽の姿が、あまりにも切なく悲しい思いに駆られた。

この時期はツバメが番いで巣をつくり卵を産み子育てに入る頃だ。

天敵のカラスやすずめから身を守るために、人の住む軒下などに巣を

つくるようだが、その住処を探していたのだろうか、それとも餌とな

る虫を捕えようとしていたのだろうか。

動物も、人間と同じく嘆き悲しみ命を慈しむのだと、改めてそう思

わせられる出来事だった。そしていつ何時、不慮の事故に遭遇しない

とも限らない。自分の命は自分で守る。その意識が他の命を尊く思わ

せるのではないだろうか。生きている今を大切に生きねば。

めーめー仔ヤギ

前の記事

いざ集団生活へ

次の記事

第1号