限界に挑戦

今年もやってきました!
10月31日(土),同市内のいきいき交流センターにて,中学3年生対象の合同特訓ゼミです。3校の生徒全員で勉強に励みます。
9:00~17:00までの長丁場。数学と英語にの2教科を,難易度別のプリントで学習します。先輩たちもきっと記憶に残っていることでしょう。

まず内村先生から,改めてこの合同特訓の目的についてのお話がありました。
「試練をよく壁に例えるけれど,扉と考えよう。次のステップへと必ず繋がっている。」
「ペースメーカー(マラソンで,選手たちがいいペースを保てるよう,一緒に走る役目を担う人)のように,一生懸命に学習することで,友達と励まし合いながらやりきってほしい」

さらに四本先生に続いて,全員でナポレオン・ヒルの言葉を朗読しました。
「もし、あなたが破れると考えるならあなたは破れる」
(中略)
「いずれ早晩勝利を獲得する人は 私はできるんだ、と信じている人だ」
生徒たちの心に届くよう、この日のために特訓して暗記した四本先生。

 

背筋がピシっと伸びたところで
さぁ、数学・英語に分かれて学習開始です。

1コマ,2コマと終えるうちに,生徒たちもペースを掴めてきたようです。
わからなところは,1対1で丁寧に指導します。
なかには,「先生!わたしここ得意になりました!」と笑顔で話してくれる生徒もいました。

待ちに待ったお昼ごはん!
写真を撮ろうとすると,ほとんどが恥ずかしがるなか,
いい笑顔をしてくれた国分の女子たち。リラックスしていますね(^_^)v

そして午後からも特訓は続く。途中で甘いもの(恒例のかりんとうとチョコ)を補給しながら最後まで頑張りました。

指導する側からすると,意外にあっという間なのですが,生徒たちはきっと長かったでしょうね。
でも,きっと「これだけ勉強できるんだ」という自信がついたのではないでしょうか。
これをきっかけにして,学校や自宅でも学習に励みましょう。みなさんお疲れ様(^o^)