あるテレビ番組で伝統工芸品を作る職人の特集をしていました。

出演していた職人の方の修業時代の話の中で、

「1ミリでもズレていたら作り直しをさせられていました。で、またそれをイヤイヤ作り直すと、やっぱり気持ちが出ちゃうんですよね。またズレてるから作り直し。何度も師匠に怒鳴られながら作っていました。」

「でも、それを積み重ねてきたから、今、正確に早く作れるようになっているんだと思います。」

「ミスをするから覚える」「やり直すから自分のものになる」

何事も最初から上手くできないのはあたりまえ。勉強でも。スポーツでも。

夏は自分の土台作りをしてみませんか?

内村